神奈川県|住宅ローンを横浜のファイナンシャルプランナーに相談するなら

【無料の企業PR広告】
■該当件数21件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 横浜の住宅ローン相談なら<水内FP事務所>

住宅ローンを横浜のファイナンシャルプランナーに相談するなら


ファイナンシャルプランナーは、顧客のライフプランを金融、不動産、住宅ローン、保険、税金、相続、年金等の経済知識を活用してお金にスポットを当てて実行をサポートする専門家をいいます。

ライフプランとは、一人一人が思い描く将来への希望や価値観に基づいた将来設計のことをいいます。
結婚、出産、転職、マイホーム取得、教育資金、退職、老後、相続等のライフイベントでは多額の資金を必要とします。
そのため早くから対策をしなければ用意ができなくなる可能性が高く、子供が進学をあきらめる、老後資金が途中で底をつくというようなことにもなりかねません。

特に、マイホーム取得資金、教育資金、老後資金は人生の三大資金といわれ、いずれも1000万円を超える資金が必要といわれます。
同じ1000万円を用意するのでも5年と20年では家計に与える負担は異なります。
また、長期の余裕があれば投資を活用することもできます。
資産運用では時間を味方につけることが大事ですが、長期間であればそれも可能になります。

住宅ローンとライフプランを一緒に考えると、トータルで将来の支出を把握することが可能です。
定年後と住宅ローンの返済期間が重なると年金支給までの期間が返済と生活費で二重になるので、悲鳴を訴える人もいます。
かといって無理に短期の返済計画を実行するのも息切れする可能性があります。
では、返済期間が30年と25年ではどれくらい違うのでしょうか。
例として、2%の金利で3000万円借りた場合を検証してみましょう。
30年であれば110,886円、25年であれば127,156円となります。
自分に合った返済計画をたてたいものです。

横浜で不動産営業をした経験から、住宅ローン破産者もみてきました。住宅ローンの返済で失敗しないためにも、また、セカンドオピニオンとしてもご利用頂ければと思います。